太陽光発電

なぜ今太陽光発電なのか

 

最も環境負荷が少なく、枯渇しないエネルギー

 

現代生活においては、電力は欠かすことのできないエネルギーになっていて、それなしでは生活はできなくなっています。
その発電方法は、石炭・石油・天然ガスを燃料とする火力発電原子力発電自然エネルギーによる発電の3つに大きく分けられます。

 

火力発電は、現在でも発電方法の主流ですが、環境への悪影響や、燃料が有限で枯渇が問題となっています。
原子力発電は、火力発電に比べて、CO2を排出しない、発電に必要な燃料が少ない、など火力発電に比べてメリットがありますが、先の震災で起きたような事故が起これば、環境や人への被害は甚大で、決して環境負荷が低いエネルギーとは言えません。

 

そのような背景の中、水力発電のように大掛かりな設備もいらず、日本の得意とする半導体技術を利用できる太陽光発電が注目を集めています。
技術の進歩により、発電能力は上がり、尽きることのない太陽エネルギーを利用する太陽光発電は、まさにこれからの社会をリードする発電方法です。